音事協(おんじきょう)の闇について考察!

Pocket

今回は音事協の闇について調べていきます。物事には表と裏があります。そしてそのことは芸能界にもあてはまります。今回はそこらへんの内容に注目して気になる情報について触れていきますので最後までご覧いただければと思います。ということで早速書いていきます。

スポンサーリンク

日本音楽事業者協会(音事協)について。

この記事をご覧の読者さんは一般社団法人日本音楽事業者協会というものを聞いたことはあるでしょうか?この一般社団法人日本音楽事業者協会という長い名称を短縮して音事協といいます。これはどういうことなのか?ということですが、この音事協に多くの芸能事務所が入っています。そしてこの音事協の役割としては芸能人の引き抜き行為をできないようにして芸能界全体でよくなっていこうということと言われています。芸能事務所にとっては所属タレントが商品ですから引き抜きとかにあってしまったら芸能事務所も困りますね。そう考えるとこの音事協というのはいいことなのではないか?と考えられます。しかし実はその裏側には様々なことがあるのではないか?という黒い噂があります。もちろん噂レベルですので真相に関しては分からないということですが、気になる内容について触れていきます。

音事協(おんじきょう)の闇及びそこに見え隠れする芸能界のドンについて。

実はこの音事協に関してはきちんとした代表者がいます。現在ではホリプロの社長である堀義貴がしています。ただし表にこそ出てきませんがこの裏側を牛耳っている人物こそが芸能界のドンことバーニングプロダクションの周防郁雄なのではないか?と言われています。なぜこの音事協が闇なのか?ということですが例えばあるタレントが独立しようとしたときにこの音事協の見えない力が働いていると言われています。音事協に加盟しているタレントが独立をしたさいに裏からこの音事協が圧力をかけているのではないか?という黒い噂が出ます。この例としていわれるのがのんこと能年玲奈です。能年玲奈は無断で独立しました。ちなみにかつて能年玲奈が所属していた事務所ですがレプロという事務所です。このレプロという事務所はバーニングプロダクションの傘下の事務所です。能年玲奈がレプロから独立したということは当然その後ろにいるバーニングが動く可能性が出てくるということですね。この独立騒動の後に能年玲奈はほとんどテレビに出ていませんね。能年玲奈は芸能界で仕事をしたいと望んでいますが、ほとんど仕事がありません。たまにコマーシャルにでるくらいですね。能年玲奈のマネージャーが不思議なことを言っています。

この間、テレビ局の若い編成マンから本当にたくさんの素晴らしい企画、脚本などオファを頂きました。しかし、お話が進むうちに、上司や担当役員によって突然潰されてしまうことが繰り返されてきました。その状態が3年も続いております。

スポンサーリンク

この引用記事情報が全てを物語っています。若手の人から話が来ても上で話が止まるというのはいったいどういうことなのか?能年玲奈のマネージャーはなんとかテレビに出してもらいたいと願っていますが、全くかないません。能年玲奈が独立騒動でもめてから約3年間テレビに出れないということです。能年玲奈は人気があるがなぜテレビには出れないのか?ということですが、このことがまさに音事協の闇です。もちろん真相は分かりません。しかし考えられることは芸能界のドンこと周防郁雄を怒らせてしまったことではないか?と僕はおもいます。周防郁雄という芸能界のドンが怒るということは何を意味するのか?テレビ局やマスメディアに睨みが聞くということです。周防郁雄に睨まれたらテレビ局は仕事になりません。したがってこのような能年玲奈のニュースを取り上げません。周防郁雄のおそらく考えだと思いますが、タレントが勝手に独立あるいはバーニングに背を向けたらどうなるのか?ということを無言の圧力で語っているのではないでしょうか?よく芸能人が干されたという話がありますが、実はこの裏にはこのようなことがあることが考えられます。芸能界の裏側で牛耳っている芸能界のドンにたてついた場合はテレビ局やマスコミに圧力がかかり、そのたてついた人は干されるといういわば公式なのではないか?と僕は感じます。表現方法がいいかわかりませんが、周防郁雄という芸能界のドンの手の中にテレビもマスコミも芸能事務所もすべて包み込まれているといっても過言ではないと考えられます。そしてこのような暗黙事項の中でそれを知らずに暴言をはくとどうなるか?ということについて触れていきます。

芸能界のドンこと周防郁雄に暴言を吐いた北野誠の末路について。

実は北野誠がある日突然ラジオ番組を降板になりました。なぜ北野誠がラジオ番組を降板になったのかということですが、バーニングの社長は893みたいなもんといったことです。ちなみにこの北野誠の発言に対して音事協から抗議が入ったそうです。つまり音事協の裏側を牛耳っている周防郁雄に対してありえないアンチをかましたということでアウトということですね。何を思ったのかわかりませんが冗談でもいっては芸能界に入れなくなる発言だなと僕は感じす。このことからもう少し深く調べていきます。

音事協を裏で操る芸能界のドンこと周防郁雄には誰も勝てない?!

そもそもですが芸能界のドンこと周防郁雄にマイナスとなる内容をマスコミは取り上げません。そのようなことを書いてもしも周防郁雄に睨まれたら終わりだからです。この構造から周防郁雄やバーニングのマイナスの情報は出ないということです。実はこのような情報があります。藤原紀香が離婚したときに多くのマスコミは陣内が浮気したとか陣内がDVをふるっていたという情報が出ました。特に女性セブンという週刊誌はバーニングと懇意にしていると言われているので当然ですが藤原紀香に不利になる情報は出しません。もちろん藤原紀香の離婚の真相は分かりませんが、バーニングがメディアに出したい情報を出させたのではないか?と言われています。この構造とそっくりなのが小泉今日子の離婚の時です。旦那である永瀬正敏が浮気したという情報を出したと言われており、内田有紀の離婚の時も吉岡秀隆がDVをしたことが離婚の原因というような情報を流したのではないか?と言われています。もちろん真相はわかりませんが、全てが周防郁雄の手の中にあると考えるとつじつまがあうのではないかな?と思います。このようなことを考えると周防郁雄には誰も勝てないのではないか?と僕はおもいます。音事協を裏で操っている芸能界のドンの正体はこのような感じなのかな?と僕は感じます。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までごらんいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク