バルビゾンビルと関東連合に関する黒い噂を考察!

Pocket

今回はバルビゾンビルと関東連合に関する噂や気になる情報について調べていきます。実は多くの人が気になるもののいまいちよくわからないといった内容なのではないか?と思います。今回は気になる内容についてひとつずつ調べていきますので最後までご覧いただければと思います。ということで早速書いていきます。

スポンサーリンク

バルビゾンビルは市川海老蔵事件が起こった場所です。

市川海老蔵が伊藤リオンに暴行された事件がありました。通称海老蔵事件です。この事件が起こった場所こそがこのバルビゾン27というビルです。このビルには関東連合の関係者がよく出入りしていたということが言われています。このビル内に関東連合の関係者が運営している店があるとも言われており、黒い噂がささやかれています。そのことに関しては記事後半部分で触れていきますが、このバルビゾンビルはパット外側から見ただけでは看板等がないのでわかりません。つまり知る人だけが知ってくるということです。このようなことから芸能人や政治家といった人たちもよく利用していたと言われています。ここからはこのビルについて少し調べていきます。

バルビゾンビルのオーナーは伊藤良三という人物です。

このバルビゾンビルのオーナーは伊藤良三という人物でコムサデモードというブランドの創設者です。すごい人ということです。そしてこの伊藤良三には伊藤博重という長男そして伊藤健志という次男がいます。この次男が気になるのでのちほど調べていきますが、もう少しこのビルに関して触れていきます。このバルビゾンビルは他に株式会社バルビゾンというのもやっており、この会社では主に青山や麻布あるいは六本木というあたりの価値の高い物件を握っているということです。もっというならばこのバルビゾンは青山や麻布あるいは六本木の都市開発をしていたということです。不動産業で突出しているということでしょうね。そしてここから気になる伊藤健志という次男について調べていきます。

スポンサーリンク

伊藤良三の息子の伊藤健志は全日本レーシング連盟のトップである。

実は伊藤健志は全日本レーシング連盟という全国最大規模の暴走族のトップにいると言われています。実はこの暴走族は4800人いるという情報もあります。かなりなアウトローといった感じを受けます。さらに伊藤健志に関する気になる情報について触れていきます。

伊藤健志はオフィス48の取締役で本社所在地がバルビゾンビルだった!

よくネット上で関東連合とakbはどこかでつながりがあるのかな?と検索する人がいます。僕も気になって検索したことがあります。実はこの伊藤健志がakbの運営会社であるオフィス48の取締役をしています。さらにオフィス48はバルビゾンビルの中に本社があるということです。関東連合の関係者がこのバルビゾンに出入りしているということやオフィス48がバルビゾンの中にあるということからなにかしら繋がりがあるのではないか?と思われるということです。さらに伊藤健志という人物が関東連合と関係しているという情報について触れていきます。

関東連合の古山義邦と伊藤健志との親しい関係について。

伊藤健志と関東連合関係者の繋がりについて調べていくとこのような情報があります。伊藤健志がバルビゾンビルの11階にマーキスというバーを出しています。出資ということでしょう。そしてこのマーキスという店の店長を古山義邦がしています。このことから古山義邦のスポンサーが伊藤健志といったことが言われるということだと思います。そしてこのマーキスという店の中で古山義邦が男性客に上原美優をあてがっていたと言われています。またこのマーキスにはプライベートフィルムが張られており、その中でit社長や有名人が男女関係に遊んでいたということが言われています。真相不明な部分もあるとは思いますが、実際にそのようなことが中で行われていても全くおかしくはないと僕は思います。このようなことからおそらくバルビゾンビルあるいは関東連合さらに芸能界といった黒い噂が出るのではないか?と僕は思います。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までごらんいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク