秋葉原通り魔事件がおかしいと感じる理由や真相不明の恐怖について考察!

Pocket

今回は秋葉原通り魔事件について話していきます。この事件はおかしいことだらけです。多くの人がインターネットで秋葉原事件+おかしいと検索するみたいですがなぜそのようなことを調べるのか?ということを分かる範囲でひとつずつ考えていきますので最後までご覧いただければと思います。

スポンサーリンク

秋葉原連続殺傷事件には表と裏があるという件について。

多くの人が悲惨だと思う秋葉原●傷事件です。罪のない人々が●された悲惨な事件ですがこの事件はあらかじめ仕組まれていたという可能性が考えられます。表向きには真相部分を隠しておりますが、おかしなことだらけで裏側が見え隠れします。いきなり裏側にはいきません。まずはこの事件の表側の部分から順番に考えていきます。

秋葉原通り魔事件の犯人である加藤智大及び事件内容について。

秋葉原通り魔事件というのは2008年6月8日に秋葉原で起きた無差別●人事件です。加藤智大の運転していたトラックが5人の人をはねてその後にナイフで12人の人がきられたという17名の人が被害にあった事件です。この事件の犯人である加藤智大は事件の後にどうなったのか?ということについて調べていきます。

加藤容疑者こと加藤智大の事件その後の現在について。

このような凶悪犯人である加藤智大は事件のその後にどうなったのか?ということですが、2015年に死刑が確定されています。そして今現在も加藤智大は刑務所にいます。事件の表側では加藤智大という鬼畜な人物が犯した事件ということになりますが、事件の細部を調べていくことでおかしな点がうきぼりになってきます。いったいどういうことなのか?について考えていきます。

秋葉原通り魔事件がおかしいと感じる点がひとつではない件について。

秋葉原通り魔事件がおかしいと感じる点についてですがひとつではありません。いくつもおかしな点があります。ひとつひとつ考えていくとこの事件が仕組まれた可能性が高いことや同時にこのような恐怖なことが仕組まれている恐怖を感じます。まずは偶然ではないだろうな?ということから考えていきます。

秋葉原事件のおかしい点その①:なぜマスコミが現場にいたのか?

まずは事件の内容ではなくマスコミの報道が疑問です。秋葉原通り魔事件がおこったときにマスコミが加藤智大が逮捕されるところを撮影していました。犯人逮捕の瞬間を偶然撮影できるのでしょうか?僕はできないと思います。

わずか数分間の間にマスコミがあらわれて逮捕の瞬間と撮影したということは単なる偶然ではなく、あらかじめ事件が起こることを知っていた可能性が考えられます。マスコミ関係者に情報が回っていたのではないか?ということが考えられます。続いてひとつずつ考えていきます。

秋葉原事件のおかしい点その②:短時間で単独犯行は不可能なはず?!

実はこの事件の謎とされていることのひとつにたった2分間という短時間で17人という人たちが●傷されています。当たり前に事ですが2分間で17人という人を1人で●傷することはできません。

このことからこの事件は加藤智大の単独犯行ではないことが分かります。事件には共犯者がいるということです。ちなみにトラックにはねられて亡くなった人が3人です。僕は加藤智大が●したのはこの3人なのではないか?と解釈しております。

このことに注目をさせて通り魔事件は別の人間がおこなった可能性です。加藤智大という素人がたった2分間で17人を●傷できないということが明らかだと思います。続いて気になることを考えていきます。

秋葉原事件のおかしい点その③:返り血の問題と報道のすりかえについて。

加藤智大は2分間で17人もナイフで切っているということからどう考えても返り血を浴びているはずです。この事件の目撃情報で犯人は返り血を浴びていたと言われておりますが、加藤智大の逮捕時には洋服に全く返り血がついていませんでした。

これは何を意味するのか?ということですが、加藤智大が人を刺していないということだと僕は思います。そしてこのことをマスコミ報道ではすり替えて報じています。事件翌日の新聞では加藤智大の洋服が血で真っ赤だったというような報道です。逮捕時の加藤智大の写真はネット上にもありますが、ベージュの服を着ていますが血はついていません。

しかしマスコミは血で真っ赤と報じております。事件で実際に起きたこととマスコミが報道していることがかけ離れております。マスコミが嘘をついているあるいは何かを隠している可能性が非常に高まります。さらにおかしな点について考えていきます。

秋葉原事件のおかしい点その④:犯行に使われた凶器について。

加藤智大が犯行に使用したという凶器のナイフですが、実は長さ13cmということが分かっています。事件について調べてわかりますが、この長さのナイフで人間の胸を貫通できるのか?ということですが不可能だということが分かっております。

この事件でナイフで胸を刺されて貫通して亡くなった人がいるということが分かっております。

■加藤智大の所持していたナイフでは人を貫通できない。しかし実際には胸を貫通して亡くなった人がいるということ。

スポンサーリンク

このことから事件で胸を貫通して亡くなった方は加藤智大ではない別の人物に刺されて亡くなったということが分かります。この事件の別の犯人である可能性です。

その犯人に刺されて亡くなったと僕は解釈しております。加藤智大がひとりで行った事件でない可能性が非常に高まります。さらにおかしなことについて考えていきます。

秋葉原事件のおかしい点その⑤:犯人の手や凶器に血がついていなかったこと。

実は加藤智大の洋服に血がついていなかったということもおかしいですが、逮捕されたときになんと加藤智大の手に血がついていませんでした。さらにナイフにも血がついていなかったということが分かっています。

このことからも加藤智大が2分間で17人という人を刺していないということが分かります。加藤智大の洋服に血がついていなかったんですが事件現場は血の海でした。もしも加藤智大が犯人であれば血がついていないということはあり得ないということです。

この事件ですが、

加藤智大はトラックで3人をひき●した

そこに注目させて共犯が2分間で17人という人々を●傷したという可能性が高まります。さらにおかしなことがわかっております。

秋葉原事件のおかしい点その⑥:事件の目撃情報に関する恐怖について。

この事件現場にいた人の目撃情報からしても違和感があります。なんと銃声が2~3回聞こえたといいます。このことから銃を使って●傷された事件であることが分かります。そう考えると2分間で17人●傷したということもつじつまがあいます。

さらにポイントが目撃情報では犯人は小太りの男性で何回も刺していて返り血を浴びていたという情報や実は加藤智大とは違う犯人を見たという情報もあります。加藤智大は写真から分かりますが痩せています。

小太りの男というこの謎の男が共犯の可能性がでてきます。僕はこの小太りの男というのは軍隊関係者か何かで武器の扱いになれている人間だと思います。一般人ではない可能性が高いと思います。

ここまででわかりますが事件は加藤智大+小太りの男の2人あるいは他にもいたという可能性が高いです。しかし全くこの点には触れません。ここに触れられない事情があると僕は思います。

ここまでのことを考えると加藤智大は無差別●傷事件には関与していない可能性が高いのではないでしょうか?そして僕以外に専門家もおかしいといっているという情報があるのでそのことを考えていきます。

秋葉原通り魔事件の深い闇を感じる専門家の共犯あるいは黒幕説について。

実は過去に公安警察にいた捜査官が言った言葉が衝撃的です。

しかし、まるで加藤以外の人間が現場にいたみたいだな

公園警察の人間もこの事件がおかしいと思っているということですね。これは遠回しに共犯説あるいは黒幕説というものを示唆しているのではないか?と僕は思います。

この事件はマスコミや警察にも何かしらの圧力がかかっていると僕は思います。そのようなことをも考えながらこの事件についてのまとめを書いていきます。

加藤智大は冤罪ではないが、秋葉原通り魔事件の真相は隠されており黒幕がいる可能性大!?

証拠もなければ真相も分かりませんが、僕は加藤智大が●したのはトラックであてた3人だと思います。このことから加藤智大は完全に冤罪ではありません。

加藤智大は通り魔事件はしていないと思います。この事件には大きな黒幕がいると思います。小太りの男というのも黒幕の一員であると思います。

最も難しいのがこの事件をなぜ引き起こしたのか?ということですが、この事件の後に秋葉原に監視カメラが多数設置されたと言われております。この監視カメラの設置が目的だったのではないでしょうか?監視カメラの設置には巨大なお金が必要となりますが、日本国からそのお金が出ます。

監視カメラがあればこのような事件が今後起こらないといういったことのためにひきおこした事件の可能性です。すべて事件を仕組んでいたと考えられます。この事件の犯人あるいは犯行グループは日本の闇組織という人間たちであり日本の警察や司法も手出しできません。アメリカcia傘下の人間たちの起こした事件だと思います。日本はアメリカに戦争で負けて以来日本の上にはわからないようにアメリカがいます。

そして事件をおこした本当の目的を隠して加藤智大にすべての罪をなすりつけて死刑にしてこの事件を闇の中へ葬り去ろうとしたと僕は解釈しております。この記事をご覧の読者さんも思っていらっしゃるでしょうが、加藤智大のような人間がとてもではないですが1人で起こせるはずのない事件であると僕は思います。

日本では仕組まれた事件が起こりますが、隠そうとすることがひとつくらいなら隠せると思いますがこの事件は多くのことを隠そうとしているので一定数の人が気が付いているということです。

僕たちが生きている日本国ではこのような恐怖な事件が起こるということです。今回の記事が何かしらの参考になっていただければ何よりです。秋葉原通り魔事件で亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク