関東連合の木藤幸一郎に関する様々な噂を考察!

Pocket

今回は関東連合の木藤幸一郎について調べていきます。実はこの人物はある事件に密接に関係していると言われており、関心が集まっています。今回は分かっている情報を組み合わせてまとめていきますので最後までご覧いただければと思います。ということで早速書いていきます。

スポンサーリンク

木藤幸一郎と千歳台ブラックエンペラー(千歳台卍黒帝會)の関係について。

この記事をご覧いただいている読者さんは木藤幸一郎という人物をご存じでしょうか?石元太一の後に千歳台ブラックエンペラー(黒帝會)の総長をしていました。そしてその後には関東連合の総長もしていました。いったいこの人物はなぜ注目されるのか?ということですが、ある事件の原因になっていると言われています。ここからはそのことについて調べていきます。

木藤幸一郎が西新宿事件の原因になっているって本当?

実は木藤幸一郎は山口組秋良連合会一蓮会の武田修という人物を腕をなたで切り落とそうとしたということが分かっています。この事件を武田修刺傷事件と言われています。この事件を起こして木藤幸一郎は逮捕されています。そしてこの事件からある団体が動いたと言われています。それが山口組極心連合会の下にある六本木赤札軍団というものです。この六本木赤札軍団が密接に関係している木村兄弟の弟である木村孔次郎を使っておこした事件があります。それが西新宿事件ということです。ちなみにこの六本木赤札軍団というのは木村孔次郎の闇ビジネスのケツモチをしていたと言われています。そしてここから全体像がなかなかつかめない西新宿事件について触れていきます。

スポンサーリンク

西新宿事件でなぜ犯人が逮捕されないのか?を考察!

西新宿事件というのは関東連合の後見役である金村剛弘が早朝に顔を隠した数人の男に暴行されて●されたという事件です。実は金村剛弘は西新宿事件の前に武田修ともめていたということがわかっています。893である武田修は木藤幸一郎に腕を切られそうになったことそして金村剛弘も武田修ともめていたということから実はこの西新宿事件は裏で山口組極心連合会の下にある六本木赤札軍団が絵図を書いていたのではないか?ということです。木村兄弟の弟である木村孔次郎が犯行に及んだのではないか?と言われています。もちろん木村孔次郎が犯行に及んだ可能性が高いと思いますが、気になるのは犯人が逮捕されていない未解決事件ということです。この未解決事件ということの理由も六本木赤札軍団が関係しているということからある程度分かってきます。西新宿事件で犯人が逮捕されないのは893である六本木赤札軍団が警視総監に睨みをきかせて捜査をさせないようにしたからという説が有力です。警察も木村孔次郎が犯人ではないか?ということをおもい捜査したようですが途中で捜査をやめたようです。その理由は893と警察の裏取引ではないでしょうか?こう考える西新宿事件がわかりますね。そして多くの人が関心を持っている内容に最後に触れていきます。

西新宿事件と六本木フラワー事件の関係について。

実は西新宿事件と六本木クラブフラワー事件は密接につながっています。分かっている情報を羅列します。

★木村孔次郎のバックにいる六本木赤札軍団

★六本木の利権を握っている関東連合

★六本木赤札軍団が木村孔次郎のそっくりさんを用意させてフラワーに送り込んだ

★六本木赤札軍団が関東連合(見立真一・石元太一)に嘘の情報を流した。六本木フラワーに木村孔次郎がいる。もしも●しても六本木赤札軍団は何もしないということをいった。このとき六本木赤札軍団には考えがありました。六本木の利権です。

★関東連合が木村孔次郎のそっくりさんを集団で●した。このことで関東連合はトップが逮捕されて機能できなくなった。つまり実質上の解散ということ。

★今まで六本木の利権は関東連合が持っていた。その利権はどこへいくのか?こたえは六本木赤札軍団。山口組極心連合会ということです。つまりは六本木赤札軍団が得したということです。

このことからお分かりかと思いますが、六本木クラブフラワー事件の裏側には893の利権争いが隠れているということです。このように考えるとつじつまがあうと思いませんか?関東連合が解散して誰が得をしたのか?あるいは六本木の利権はどこにいったのか?ということを考えるとこのようになるのではないか?と僕は解釈しています。あまりこのようなことは書かれていないと思います。きっと世の中に出てはいけない内容だからなのかな?と僕は思います。もちろん証拠はありません。しかしこう考えると疑問点がなくなります。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までごらんいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク