柳井正は在日なのか?という噂について考察!

Pocket

今回は柳井正が在日なのか?という噂について調べていきます。この噂をよくききますが、いったいなぜこのような噂が出るのか?ということやこの周辺情報で気になる内容について調べてまとめていきますので最後までご覧いただければと思います。

スポンサーリンク




柳井正は在日なのか?という噂はなぜ出るのか?

この記事をご覧の読者さんは柳井正が在日なのではないか?という噂を聞いたことがあるのではないか?と思います。僕も聞いたことがあります。この噂の出所としては優秀な中国人や韓国人を雇用して日本人に商品を購入させればいいのではないか?というようなことや柳井正は日本人は韓国人や中国人のために犠牲になればいいというようなことを言っているという情報があります。また靖国神社を参拝するなというようなことも関係しているみたいです。さらに過去にユニクロのショーウインドウに尖閣諸島は中国のものといったようなことが書かれていたということから実は柳井正は在日なのではないか?あるいは半日なのではないか?といった噂が出たと考えられます。たしかにアンチ日本といったような気もしますね。さらに柳井正に関する気になる情報について触れていきます。

ユニクロの創設者、柳井正の出身地はどこ?

また柳井正はどこの出身なのか?ということを検索する人も多くいるということです。この検索意図としてはもしかしたら出身地から在日かどうか?という判断材料になるからなのかなと僕は思います。柳井正の出身は山口県宇部市中央町ということが分かっています。そして実は柳井正に関しての気になる情報として生い立ちがあります。そのことについてここから書いていきます。

スポンサーリンク

柳井正はどのような生い立ちなのか?

実は柳井正がアンチ日本といった発言をする理由として実は生い立ちが関係しているのではないか?ということです。実は柳井正のおじさんが柳井政雄という人で日本の部落解放運動をしていたということが分かっています。そしてこの柳井政雄は同和対策審議会委員もしていたことがわかっています。この同和というのは在日と密接に関係していると言われています。また同和地区には在日の出身が多いということも関係あるんじゃないかなと僕は思います。この柳井政雄が同和地区に関係していたことや柳井正が反日的な発言をするということが在日の噂の出所になっている可能性が高いと思います。また柳井正の生い立ちから部落解放同盟に関係していた家族ということから考えられることはアンチ日本的な発言をするのではないのかな?という感じですね。今現在は経済的に富を築いている柳井正ですがかなり生い立ちが複雑だったりしているということです。そして最後にきっと読者さんが気になるであろう内容について僕なりに触れていきます。

ユニクロのトップである柳井正は創価学会という宗教を信仰しているのか?

実はネット上でユニクロ+宗教ということを検索する人がいるみたいです。この解釈ですが、ユニクロは会社として労働環境が悪いつまり従業員を宗教みたいに洗脳して働かせているのか?という解釈もできますしもうひとつ別の解釈もできると思います。それはユニクロという会社が実は創価学会という宗教と密接に関係しているのではないか?ということです。実はユニクロの創業者である柳井正が創価学会の信者であるあるいはユニクロは創価学会の関連会社とよく連携しているというようなことが言われており、このことからユニクロは創価学会という宗教と関係があるのか?ということが言われるということでしょうね。また確証こそありませんが、ユニクロが海外で事業展開しているということももしかしたら創価学会の海外での活動が関係しているのではないか?ということが言われています。証拠や確証こそありませんが、僕は何かしらユニクロと創価学会は関係あるのではないかな?と思います。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までごらんいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク