陳春根(中村春根)が起こした事件及びその後について考察!

Pocket

今回は陳春根(中村春根)が起こした事件やその後の判決についての気になる情報についてまとめていきますので最後までご覧いただければと思います。ということで早速書いていきます。

スポンサーリンク




陳春根(中村春根)は姫路サルーンというパチンコ屋を経営していた。

陳春根(中村春根)という人物は姫路のサルーンというパチンコ屋を経営していたということが分かっています。このパチンコ屋にはバニ●ガ●ルがいたということが分かっています。また実はこのお店はいわゆる闇スロだったということが言われています。日本全国から多数のお客さんがきていたという情報もあり、おそらくものすごく儲かっていたのではないのかな?という感じです。そしてここからは僕の憶測ですが、このような闇スロを営業していたということから実は警察と裏でつながっているのではないか?という噂や暴●団と何かしら関係あるのではないか?といったことも言われていました。実際に気になる情報があるのでここからそのことについて触れていきます。

陳春根(中村春根)の父親はお金持ちだったが暴●団と何かしらもめていたのか?

実は陳春根の父親はパチンコ屋を経営していたということでお金持ちであるということが分かっています。そしてはっきりとはわかりませんが、陳春根の父親は暴●団ともめていたということがわかっています。そしてここから陳春根が暴●団に暴行して、そこから数億円のお金を請求されたということが分かっています。そして陳春根の父親は暴●団に襲われてゴルフクラブで頭を殴られて亡くなっています。このことが事件に関係しているのか?と思って調べてみたんですが、はっきりした確証がなくわかりませんでした。続いて気になる事件の詳細について調べていきます。

陳春根(中村春根)の犯行動機は何だったのか?について。

実は今回の事件の犯行の動機のひとつとして考えられることですが、陳春根がある社長に10億円貸していたということですが、そのお金の返済が滞ったということからこの社長を●したのではないか?ということが言われています。そしてここからこの事件の謎に迫っていきます。

スポンサーリンク

パチンコ屋経営者の陳春根が起こした兵庫県で遺体がない事件について。

実は陳春根は下山誠也・前田巌・富田大光の3人を●したという容疑がかかっていますが、前田巌と富田大光の遺体が発見されていないということです。3人を●しているということですが、2人の遺体が発見されていないということです。このことから裁判に入る前に6年以上の年月がかかっています。そして初公判以来100人以上の証人をよんで審理が進みますが今までの中で一番長い裁判員裁判になりました。実際この状況では裁判員が素人なので精神的にも時間的にもかなりの負担を強いられるということです。実際にこのような状況から裁判員の候補者に選ばれても来ない人が多いということです。実際問題仕事がありますから大変だと思いますね。仕事を休んでくるわけですが、あまりに長引いた場合は仕事を休んでくるのも大変という状況になっているという可能性が高いのではないか?ということが考えられます。最後に気になる判決について調べていきます。

事件後の陳春根の判決について。

陳春根は3人を●していますが、遺体が見つからなかったということもあり無期懲役となっています。検察は死刑を求刑しましたが、無期懲役になったということですね。陳春根は証拠がないだけで他にも罪を犯しているのではないか?といったことも言われていますが、証拠がないですし、この事件も実際に遺体が見つかっていないということから無期懲役ということになりました。僕の解釈ですが3人も●して無期懲役は罪が軽いのではないかな?という感じがしますね。この事件では期間が長期化したこともあり、裁判員裁判について何かしら見直ししたほうがいいのではないか?と感じた人が多くいらっしゃったようですね。僕もそう思います。そんな長期間になってしまったらなかなか行けないですからね。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までごらんいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク