悪魔ちゃん騒動とその後の父親(佐藤重治)について考察!

Pocket

今回は悪魔ちゃん騒動及びその後に父親である佐藤重治がどうしていたのか?ということについて調べていきます。この騒動に関する僕の解釈も書いていきますので最後までご覧いただければと思います。

スポンサーリンク




悪魔ちゃん騒動とはどういうことだったのか?

悪魔ちゃん騒動というのは1993年8月11日に男の子の名前を悪魔と名付けて、この名前が認められるか認められないか?ということが大きな話題になり実は裁判にまで発展しました。この裁判ではこの父親が勝利しました。ただしこの後に市があくまという名前では受理しないということで亜駆という名前でおちつきました。この当時この騒動で親子が有名になり、とんねるずや電波少年という番組に親子で出演していました。そして実はここからが気になる内容です。そのことについて触れていきます。

悪魔ちゃん騒動のその後が衝撃的だった!

この悪魔ちゃんの両親はスナックを経営していましたが、この名前の騒動で悪影響をうけてスナックを閉店し、その後に両親が離婚しているということです。そして離婚後は嫁が亜駆を育てていたようですが、その後にこの嫁の事情や都合で父親が育てていたようです。そして実はこの悪魔ちゃんの父親がかなりやばいということが分かっています。そのことについて触れていきます。

スポンサーリンク

悪魔ちゃんの父親(佐藤重治)が逮捕された。

実はこの悪魔ちゃんの父親名前を佐藤重治といいますが、離婚後に覚●剤取締法違反で逮捕されています。覚●剤を使用しようとして病院から注射器を無断で持ち出したということでした。佐藤重治はゲームセンターで知り合った女性看護師に注射器を病院から無断で持ち出すように示唆したということが分かっています。さらにこの後に佐藤重治は窃盗罪で逮捕されています。飲食店に侵入してレジからお金を盗んだということが分かっています。約20件近くの店に窃盗に入っていたようです。最低な人間ですね。そしてここから気になる悪魔ちゃんはどうしているのか?ということについて調べていきます。

悪魔ちゃんはその後の現在どうしているのだろうか?

悪魔ちゃんは父親が監修されたことで児童養護施設に入ったようです。そしてこのことを離婚した嫁は知らなかったという情報があります。そしてその後は父親の実家で暮らしているのではないか?という情報があります。現在悪魔ちゃんは年齢的に成人ですが、やはり名前が原因で苦労していきているのではないかな?と思いますね。最後に僕の感想を書いていきます。

父親の正体が悪魔という本当のdqnだったと僕は思います!

この悪魔ちゃんの父親が本当のdqnということでしょうね。親が子供にどんな名前をつけるのもいいんでしょうが、子供はその名前でずっと生きていくわけです。子供にそういうおもいで悪魔とつけたか全く分かりませんが、少なくとも子供の幸せを願っていない父親だと僕は思います。そして離婚してその後に覚●剤で逮捕されて、さらにその後に窃盗で逮捕されて悪魔ちゃんは養護施設で育つって悲惨すぎる人生だと思います。子供に悪魔と名付ける時点で意味不明な最低な親だと思いますが、犯罪を起こし子供に苦労をかけるこの父親こそが本当の悪魔だと僕は思います。この父親は本当の悪魔であり、すさまじいdqnだなと僕は感じます。これからは悪魔ちゃんが幸せに生きていけることを祈っています。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までごらんいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク