宦官とはどういうことか?臭いと言われる理由について考察!

Pocket

今回は宦官について調べていきます。この記事をご覧の読者さんは宦官ということをご存じでしょうか?僕はなんとなく知っていましたが、正直よくわからなかったので今回調べてまとめてみましたので最後までご覧いただけると嬉しいです。

スポンサーリンク




宦官とは去勢された官吏のことです。

宦官とはどういうことなのか?ということですが、昔の中国で去勢された官吏をさします。去勢というのは何かということですが、人間の男女もしくは動物のおすやめすの生殖機能を切除して生殖できないなるということです。男性であればムスコがなくなるということです。ここまできいただけでもぞっとしますね汗そしてここから気になることについて触れていきます。いったいなぜそんなことをするのか?ということについて書いていきます。

なぜ宦官の男になるのか?

なぜ宦官の男になるのか?ということですが、もしも宦官の男になって皇帝に気に入られれば宮廷に入ることができるからです。もしも宦官の男になって皇室に入ることができれば政治も意のままにできるあるいは皇帝に対しても自分のおもうようにことが運べるということからと言われています。そしてここまででお分かりかと思いますが、実は宦官の男になるということは男性としての生殖する部分が切断されるということです。このことについてここから触れていきます。

スポンサーリンク

宦官の男は手術した局部切断したものをみせていた。

実は男性の切断されたものは宝(パオ)と言われていたようです。宦官になって位が上がるときにはこの宝(パオ)を上司に見せなくてはいけなかったと言われています。そもそもこの局部を切断することをしらないで宦官の男になろうとした人もいたそうです。そして男性がこの自分の局部を切断してもらったときに宝(パオ)を返してもらい忘れて再び取りに行くとお金を高く請求されていたということもあるみたいです。きっとこの局部を切断した人もこのようなことで金儲けをしていたと考えられます。また宦官の男が亡くなった時にこの宝(パオ)を一緒に棺に入れてもらっていたようです。あの世でもともとの男に戻るという希望ということが込められていたのではないか?ということです。さらに宦官に関して気になる情報があるのでそのことについて調べていきます。

宦官(かんがん)が臭いという噂について。

宦官は臭いというようなことが言われているみたいなので、そのことについて調べてみました。なぜこのような噂が出たのかということですが、大人になってから去勢すると尿管の長さが局部を切断したあとに半分になることからうまく尿をだせずに尿をもらしてしまったようです。尿を漏らすことから臭いと言われたのかもしれませんね。たしかに男性にとって局部がなくなると尿が大変だということはわかりますね。最後に僕が今回の記事のリサーチで気になったことについて書いていきます。

なぜ中国では宦官ということがあったのか?

そもそもなぜ中国ではこの宦官ということがあったのか?ということですが、中国では官僚になるには難しい試験に合格することや学力以外にも財力も必要だったと言われています。宦官というのは才能や能力がない庶民が出世できる道だったということみたいですね。時代や国の違いなのかもしれませんが、局部を切断しても出世するという考えもすごいなと僕は思います。僕には無理かなと思います。中国で宦官になった人は年齢とともに痩せたり体力がなくなったりしたという情報もあります。やはり男性にとって局部は大切だということだと思います。ということで今回の記事はここでおわりです。最後までごらんいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク