小泉純一郎は在日朝鮮人なのか?売国奴という噂も考察!

Pocket

今回は小泉純一郎が在日朝鮮人なのか?といったことや売国奴というようなことが噂されているので、そのことについて調べていきます。また本人に関する様々な噂についても調べていきますので最後までご覧いただければと思います。最初にお断りいたしますが、あくまでも噂であるということをご理解の上読んでください。ということで早速書いていきます。

スポンサーリンク




小泉純一郎は在日朝鮮人なのか?父親(小泉純也あるいは鮫島純也)からいろいろ分かる件について。

小泉純一郎が在日朝鮮人なのか?という噂があります。この噂について調べていきますが、その際に大きく関係してくるのが小泉純一郎の父親です。小泉純一郎の父親の名前は小泉純也といいますが、実はここにポイントがあります。小泉純一郎の父親について調べてみると実は名前が朴純也という朝鮮人ということがわかります。朴純也は鹿児島県で育ったということが分かっています。そして朴純也から鮫島純也に改名したのではないか?ということです。鮫島純也の日大の卒業名簿には鮫島純也という名前がなく、朝鮮名がかかれてあるということもこのようなことが関係していると思われます。このことからも小泉純一郎の父親は朝鮮人から日本人の名前になっていることから考えて父親が在日朝鮮人ということになります。そして鮫島純也は東京にきて小泉又次郎の娘である芳江と結婚して名前が小泉純也となったということですね。このことからわかることですが、小泉純一郎の父親が朝鮮人あるいは在日ということから小泉純一郎も在日朝鮮人ということになりますね。そしてこのことが関係しているのかどうかわかりませんが、小泉純一郎は売国奴と言われています。小泉純一郎がアメリカに対して売国しているということは自分が日本で生きてきた中で窮屈な思いをしていたということが関係しているみたいですね。このことから小泉純一郎は売国奴と言われているみたいです。続いて気になる情報について触れていきます。

スポンサーリンク

小泉純一郎の家系図をたどると小泉組という暴●団にたどりつく?!

小泉純一郎ですが実は暴●団の稲川会と関係しているという噂があります。この噂の出所は飯島秘書官が小泉純一郎はヤ●ザということを発言し、このことを何人もの人が聞いていたということからこのようなことがささやかれています。僕はこの噂は本当だと思います。小泉純一郎の地元の横須賀で小泉の家について取材することは極めて危険とされているようです。稲川会が関係しているからでしょうね。さらに小泉純一郎の家系図からすごいこともわかります。小泉純一郎の曽祖父・由兵衛がつくった小泉組というのは港湾請負業者で実は元暴●団ということです。ここから稲川会の会長と親しい関係になったということが言われています。この流れから小泉純一郎は暴●団とズブズブということになりますね。そしてここからは小泉純一郎の女に関する様々な噂について調べていきます。

小泉純一郎は過去に女性を強●したという噂について。

実は小泉純一郎は過去に女性を強●したのではないか?という噂があります。この噂に関しては小泉純一郎が慶應大学に通っていた時に慶応大学の女性を強●して逮捕されたということですが、父親の小泉純也が圧力でもみけしたがこのことが広まるといけないということで小泉純一郎をロンドンに留学させたと言われています。権力を使ってもみ消そうとしたということですね。ちなみに小泉純一郎は慶応大学時代に

結城純一郎

という偽名を使って、女性を強●するときにはやっつけようかという分からない言葉を使っていたという情報もあります。この話は本当の可能性が高いことから最低な人間であると僕は思います。小泉純一郎は慶応大学時代好き勝手をしており、防衛庁長官の父親が権力でもみけしていたといった感じでしょうね。最後に小泉純一郎に関する真相不明の噂について調べていきます。

小泉純一郎が芸者を●したという噂について。

小泉純一郎が芸者を●したのではないか?という噂があります。この芸者と小泉純一郎は愛人関係にあったと言われており、S●行為の中で小泉純一郎が首を絞めて●したという噂です。このときに小泉純一郎は岡山にいたと言われているが、普段から小泉純一郎は遠出をしないということに違和感があります。また遺書の文字も芸者本人が書いたものではないという母親の証言があります。この芸者には自ら命を絶つ理由がなく、おかしなてんが多いということです。この芸者が亡くなったことに関しては小泉純一郎が●してしまったことを秘書が隠蔽したのではないのか?という説がありますが、真相に関してはわかりません。芸者の死には不審なところが多いことから多くの人が関心をもっているということです。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク