佐野研二郎は在日韓国人なのか?本名は何というのか?

Pocket

今回は佐野研二郎は在日韓国人なのか?ということについて調べていきます。また周辺情報についても調べていきますので最後までご覧いただければと思います。ということで早速書いていきます。

スポンサーリンク




佐野研二郎の事務所はどこなのか?

今回は佐野研二郎が在日韓国人なのかどうか?ということについて調べていきますが、その前に佐野研二郎の経歴について気になることについて触れていきます。佐野研二郎は多摩美術大学美術学部を卒業して博報堂という広告代理店にはいりますが、その後独立しています。MR_DESIGNという事務所を立ち上げているということですね。そしてここから気になる佐野研二郎について調べていきます。

佐野研二郎は在日韓国人なのか?本名は何というのか?

佐野研二郎は在日韓国人なのではないか?といった噂があります。そして本名は朴尊簸(ぱくといる)なのではないか?と言われています。この情報に関してはネット上の情報なので本当かどうかわかりません。ここから僕なりの解釈なので正しいかどうかわかりませんが、この噂がなぜ浮上したのか?ということに多くの人が関心があるのではないか?と僕は思います。この後に書いていきますが、実は佐野研二郎の東京オリンピックのロゴが関係していると思います。一体どういうことなのか?というと多くのネット民が佐野研二郎は博報堂に勤務していたことがあり、電通や博報堂にはデザイナーや芸人は逆らえないということが言われています。つまりこの東京オリンピックのロゴに関しては利権が関係しているのではないか?と多くの人が感じていることが関係していると僕は思います。そしてここから佐野研二郎の東京オリンピックのロゴについて触れていきます。

佐野研二郎の東京オリンピックのロゴがパクリかどうかは不明!?

佐野研二郎の東京オリンピックのエンブレムあるいはロゴがそっくりだということで話題になりました。ベルギーのロゴ作成者から使わないでくれと言われていましたが、本人はパクっていないと言っていました。しかし本人がパクリではないけれど取り下げるということを言いました。その理由としては

①:昼間や夜に関係なく自分や家族についての誹謗中傷がひどいこと

②:国民から受け入れられずオリンピックにイメージを悪くしたということから取り下げる

スポンサーリンク

ということで取り下げたということです。僕もというか多くの人が似てるなと思っていると感じているでしょうが・・・パクリであることは認めていないということです。そして別のことに関してはパクリを認めたともとれる情報があるのでそのことについてここから触れていきます。

佐野研二郎がパクリデザインと言われるが、比較してみるとそっくりすぎる?!

実は佐野研二郎のパクリデザインと言われているものにトートバッグがありますが、このトートバッグに関しては佐野研二郎がコンセプトを考えたことからスタッフがデザインしてその後に佐野研二郎が指示したということなんですが、このことに関してはトレースした(敷き写ししたなぞったということ)を認めていることや謝罪文があるのでトートバッグはスタッフがパクったということになっているということですね。スタッフが勝手にやったということになっているということですね。ここまでの流れを整理すると佐野研二郎の東京オリンピックのエンブレムとトートバックのロゴは別物ということなんですね。つまりトートバッグに関してはパクリを認めていますが、それ以外のことに関してはパクリを否定しているということですね。このトートバッグ以外にも佐野研二郎はパクリ疑惑が出ていますが、本人が認めたのはトートバッグのみということです。そしてここから佐野研二郎は現在どうしているのか?ということについて調べていきます。

佐野研二郎は今現在どうしているのか?

佐野研二郎はパクリの疑いが出て仕事がかなり減ったということが分かっています。しかしその後2017年頃に多摩美術大学の教授として復帰しています。そしてここからはデザインの仕事もこなしているという情報があります。パクリと言われましたが、佐野研二郎は多くの人に受けがいいということで業界内で評価が高いみたいです。僕は広告やデザインについてわからないのでなんともいえないですが・・・今回は佐野研二郎と博報堂のグレーなつながりを感じたななんて僕は思いました。僕の解釈では多分博報堂や電通という会社にはマスコミも深く追求しないのかななんて感じですね。ということで今回の記事はここで終わりです。最後までごらんいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク