石川千佳子という足立区女性教師殺人事件について考察!

Pocket

今回は石川千佳子という女性教師が●された事件について書いていきます。この事件は数多くの謎があり、そのことからも注目されています。今回はこの事件に関して僕なりの解釈を書いていきますので最後までご覧いただければと思います。

スポンサーリンク




石川千佳子という足立区の女性教師が行方不明になった。

1978年の8月に足立区の小学校の教師である石川千佳子が消えました。最後に目撃したのは小学校の警備員をしていた男でした。その後の10年後に大韓航空機爆破事件で北朝鮮工作員の金賢姫(きむひょんひ)・李恩恵(りうね)が石川千佳子に似てるのではないか?ということから実は石川千佳子は北朝鮮に拉致されたのかということがささやかれたが、真相がわかりませんでした。そして時間が過ぎて時効となってしまい未解決事件ということになりましたがなんとこの事件に急展開が訪れました。そのことについてここから書いていきます。

スポンサーリンク

学校の警備員である男が自分が犯人であると自首した。

この石川千佳子が失踪してから26年後になんと石川千佳子を最後に見たという警備員が警察に出頭して自分が●したということを言いました。この証言によればこの警備員は石川千佳子を●してから、自宅に石川千佳子の遺体をコンクリート詰めして隠していたといっています。なぜ●したのかという犯行動機ですが、石川千佳子と警備員が学校内で肩がぶつかってそこから口論になり、頭にきたから●したといっているようです。しかし石川千佳子の家族の証言では人とは争うことのない性格だったということからこの犯人の発言内容は疑わしき部分があります。ただし時効が成立していることからこの警備員を罪に問えなかった。またこの警備員の警察に出所した理由が自分の住んでいる家が土地区画整理の対象となることから遺体がばれると思って出頭したといっています。全く反省していないということですね。ちなみにこの警備員は時効が成立していますが、賠償責任として4255万円の支払い命令を出しています。ちなみに最後にこの事件に関する僕の感想を書いていきます。

足立区女性教師●人事件の謎について。

この事件の謎な部分としては時効が成立してから警備員が遺体が隠せないということで自首していることも謎ですが、そもそもなぜ石川千佳子を●したのか?ということですね。もちろん確証はありませんが、この警備員が石川千佳子を強姦しようとしてそのことに対して石川千佳子が抵抗したことから●したのではないか?と思います。この警備員は肩がぶつかったから●したといっているようですが、僕は違うんじゃないか?と思います。1978年の起こった事件で、時効が成立した後に犯人が自首したという極めて謎が残る事件だなという感じですね。ということで今回の事件はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク