服部純也が山根佐知子を●した三島女子短大生焼殺事件について考察!

Pocket

今回は三島女子短大生焼殺事件について書いていきます。犯人である服部純也が山根佐知子という女子短大生を●した事件ですが、この事件ほど悲惨な事件はないのではないか?と僕は思います。事件の内容や僕の解釈も含めて書いていきますので最後までご覧いただければと思います。

スポンサーリンク




三島女子短大生焼殺事件とはどういうことかについて。

静岡県の三島市で女子短大生が●された事件ですが、この事件は被害者の女性が1人でしたが犯人が死刑になっています。僕の解釈ですが、こんな残虐な事件はまずないよなと感じます。ここからは事件の内容について書いていきます。

服部純也が山根佐知子を三島で通り魔的なことから犯行に及んだということです。

この事件ですが、山根佐知子がアルバイトから帰るときに服部純也がナンパしたんですが、断られたことに腹を立てて強姦して●したという事件です。つまり通り魔ということです。この服部純也と山根佐知子は面識がなかったということです。全く面識のない女子大生を●したということそして実はこの●し方がひどいということです。

山根佐知子は生きたまま焼かれるという残酷な●されかたをしていた。

服部純也と山根佐知子は面識がなかったということですが、この●しかたがひどすぎます。服部純也は山根佐知子を強姦した後にもしも警察にいかれることを恐れて、山根佐知子の身体を粘着テープでしばり、動けない状態にして灯油をかけて焼死させているということです。

スポンサーリンク

このようなひどい●しかたはないと僕は思います。人間がすることとは思えません。服部純也と山根佐知子は面識がなかったのになぜこんな悲惨な●しかたをしたのか?ということがまったく僕にはわかりません。

服部純也の供述では焼いて被害者の身元を分からなくしようと考えたというようなことが言われています。ありえないなという感じですが、このような悲惨なことをした服部純也は事件後どうなったのか?ということについて書いていきます。

服部純也の裁判判決について。

服部純也の裁判判決について実はすごく注目が集まりました。服部純也が●したのは1人だったということや●人の前科がないことあるいは犯行に計画性がないということや服部純也の生い立ちについて考慮するといったことから無期懲役かあるいは死刑かということが論争になりましたが、この裁判の裁判長が被害者をテープで縛って灯油で燃やしたということは計画的とも解釈できる迅速さや被害者の無念を考慮するといったことあまりにも残虐な●しかたであるといったことから服部純也は死刑判決が下され、2012年8月3日に死刑が執行されています。

今までの裁判では、●した人物の人数が1人であった場合は死刑を回避していたと言われていますが、服部純也は死刑になっています。面識のいない女子短大生を通り魔で強姦して生きているときに焼いて●しているという人物が死刑にならなかったら誰が死刑になるのか?と僕は思います。

ネット上ではこの服部純也は死刑でも罪が軽いのではないか?といった声もあります。僕もそう感じます。山根佐知子のご冥福をお祈りしています。

スポンサーリンク