井の頭公園バラバラ事件に関する真相不明の闇について迫ってみました!

Pocket

今回は井の頭バラバラ事件について調べていきます。真相不明の未解決事件であり、時効となっていますが実は僕がいろいろとリサーチした結果実はこのような解釈なのではないのかな?と感じます。そんな情報を組み合わせて迫れるところまで迫っていきますので、最後までご覧いただければと思います。

スポンサーリンク

井の頭公園の死体の捨て方に違和感がある件について。

井の頭公園バラバラ●人事件と言われているこの事件ですが、事件から時効を迎えてしまっている未解決事件です。そもそもこの事件ですが、井の頭公園で清掃している人がゴミ箱から人間の足をみつけたと警察に通報したことから事件が発覚しました。

井の頭公園のゴミ箱に人間の遺体を分けて捨てていたという衝撃の内容です。この井の頭公園バラバラ事件の注目するべき点はこの死体が袋二重になっており、重さもほとんど同じだったと言われています。

そして井の頭公園のゴミ箱に入るようにまるで計算しつくしたかのような死体の切断方法であったことからこの事件はいったい何なのか?ということが注目されています。

そしてこの事件で亡くなった被害者は指紋もなく、血液もほとんど残っていなかったことから被害者が誰なのかわからないというようなことにも当時はなったと言われていますが、実は事件後に被害者は誰なのか?ということが分かっています。ここからはそのことについて調べていきます。

井の頭公園事件で亡くなった被害者は川村誠一ということが分かっている。

指紋や血液がなかったことから被害者の特定に時間がかかったようですが、亡くなった方は川村誠一という井の頭公園の近くに住んでいる建築士であることが判明しました。

そしてここからこの事件の裏に潜む内容について迫っていきます。いったいなぜこの川村誠一は●されたのか?ということが実はこの井の頭公園バラバラ事件の真相なのではないか?ということです。

井の頭公園バラバラ事件犯人や真相は分からないが情報からこの可能性が最も高い?!

この井の頭公園バラバラ事件はすでに時効になってしまっていますが、この事件の真相は実は人違いでこの川村誠一が●されたのではないか?という可能性が高いという噂が出ています。

スポンサーリンク

一体どういうことなのか?というと川村誠一のそっくりの人が実はこの付近で露天商をしていました。この露天商の人がこの井の頭公園付近では代表格だったようですが、この露天商の場所に某国の工作員ではないか?という人たちがきたことでこの川村誠一のそっくりさんとこの某国の工作員が対立したということです。

そしてこの対立が激化して、川村誠一のそっくりは暴●団の力を借りて、この某国の工作員を露天商から追い出したということです。実はこの露天商は朝鮮の工作員だったという情報があり、このようなことをされたことから川村誠一のそっくりさんの命を狙っていたのではないか?と言われています。

そして自分の命を狙われている川村誠一のそっくりさんは吉祥寺から離れて日本全国を逃げていたようですが、この北朝鮮の工作員はずっと川村誠一のそっくりさんを追いかけていたという情報があります。この川村誠一のそっくりさんはこれ以上は生きていけないのではないか?と思いながらビジネスホテルを転々として日本全国を転々としていたようです。

この川村誠一のそっくりさんのいそっくりの発言では日本全国どこにいってもずっと外国人に監視されていたということを言っています。そんななか井の頭公園バラバラ事件が起こりました。ここから考えられる可能性ですが、川村誠一のそっくりさんと間違えて川村誠一が北朝鮮の工作員に●されたのではないか?ということが考えられます。

生前に川村誠一のそっくりさんはよく間違えられていたということもあり、何よりもこの井の頭公園バラバラ事件が起こった時に自分の代わりに川村誠一が●されたと感じたようです。今現在この井の頭公園バラバラ事件は時効となっていますし、もしもこの北朝鮮の工作員が●したのであれば、真相にたどり着くことも厳しいと思います。

このように考えると川村誠一の死体をゴミ箱に分けて捨てたというプロの手口にも説明がつくのではないか?と僕は思います。井の頭公園バラバラ事件は未解決事件といわれて真相は分からないということですが、僕はこの北朝鮮の工作員が川村誠一のそっくりさんと川村誠一を間違えて●したんだと解釈しています。

証拠もないですし、真相も分かりませんが分かっている情報を組み合わせるとこのようにしか解釈はできないと思います。この解釈が僕の井の頭公園バラバラ事件の思ったところです。今回の記事が読者さんのなにかしら思うことにつながればと思います。

ということで今回の記事はここで終わりです。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク