三億円事件(3億円事件)の真相や真実は闇の中ということについて考察!

Pocket

今回は三億円事件について調べていきます。この三億円事件は時効を迎えたことから真相や真実が闇の中ということです。しかしこの事件に関いては様々なことがあり、今もなお未解決事件ということで多くの人の関心が寄せられています。この事件の真相や真実については分かりませんが、事件で多くの人が注目していることや疑問点また僕はどう解釈しているのか?ということを書いていきますので、最後までご覧いただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

府中三億円事件について考察!

今回は府中三億円事件について書いていきます。実は三億円事件というのは有楽町三億円事件というものがありますが、今回の府中三億円事件は全くの別の事件です。この段落では事件の内容といいますか順番について整理して書いていきます。

1:日本信託銀行の国分寺支店長宛に脅迫状が届く

2:この脅迫所の4日後に日本信託銀行国分寺支店から東芝の工場に東芝のボーナス約3億円を積んだ現金輸送車がその現金を盗難される

大きく言うとこのような感じですが、実は細かく見ていくと違和感が浮上してきます。この2の現金輸送車の後ろにニセモノの白バイがついてきて、車の前に回り車に爆弾があるといって車を見たいと言ってきます。

1の脅迫状のことも関係あり、車をこのニセモノの白バイ隊員に見せたところ、この白バイ隊員が発炎筒の自作自演で煙をだしてそのまま現金輸送車から人が逃げたところ現金3億円をもって逃走したということです。

ちなみに僕のここまでの流れですが、犯人はこの現金輸送車の出る場所や時間が分かっていたんですね。そこもどことなくひっかかるなと僕は感じます。そして実はこの事件の犯人について調べていきます。

三億円事件(3億円事件)の犯人は少年sなのか?

実はこの三億円事件の犯人は警察官の息子で少年sという不良少年なのではないか?と言われています。なぜこの少年sが犯人なのか?ということが言われるのか?ということですが、過去にこの少年sは現金輸送車を計画を友達に持ち掛けていたということやまた発炎筒を使ってスーパーに強盗に入ったことがあります。

スポンサーリンク

またこの少年sの自宅から3億円事件のお金の入っていたケースが見つかっています。しかし中身のお金はありませんでした。このこともおかしいですね。短期間で3億円とか使えないと思います。そして衝撃の展開はこの少年sは自●しています。

青酸カリを飲んで自ら命を絶ってしまいました。この少年sが自●したのは父親がそうさせたのではないか?という噂があるということです。警察としてのメンツを保つために自分の身内に犯罪者がいたらよくないということで自●に追い詰めたのではないか?と言われています。

しかし真相に関しては分かりません。僕の意見ですが3億円盗んだら自●するかな?なにがあっても生き延びようとするのではないか?と思います。

そして最後にこの事件に関するオカルトについて触れていきます。

3億円事件の犯人は生きている?というオカルトについて。

この3億円事件の犯人は生きているのではないか?というオカルトがあります。オカルトというのかあるいはこの事件の犯人は警察官の息子ではないんじゃないか?という説なんでしょうね。この3億円事件は今現在も真相や真実が分かりません。

話の展開も現金輸送車を襲ったタイミングや警察官の息子が自●しているということの違和感を考えるとこの事件の裏には何か大きな闇があるのではないかな?と僕は思います。

しかしその闇にはたどり着くことはできないということです。真相が分からないだけに多くの人が警察が関係しているとか当時の学生運動の関係があるのではないか?と思う人がいるみたいですね。

僕は記事を書く前からこの3億円事件はよくわからないなと思っていました。きっと多くの人がそう思っている関心が高い事件ということですね。

もしこの3億円事件に関して何か意見やコメントがありましたら、お気軽にお問い合わせください。僕も知りたいなと思っていますし、読者さんが何を思ってらっしゃるのかな?ということも知りたいので良ければよろしくお願いします。

スポンサーリンク