林真須美(はやしますみ)と和歌山カレー事件の関係について調査!

Pocket

今回は林真須美と和歌山カレー事件の関係について調べていきます。この記事をご覧の読者さんは和歌山カレー事件の犯人は林真須美でしょ?何を調べるの?と思う人もいるでしょうし実はどことなく違和感があるな?と思っている人もいると思います。そのようなどっちなのかな?悩むな?ということについて僕なりに調べていきます。全く分からないわけでもなく、てがかりがないわけでもありません。うっすらとした点と点を結んで線にならないか?ということについて追求していきますので最後までご覧いただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

和歌山毒入りカレー事件の真相は不明?!カレーにヒ素をいれた人間は本当に林真須美なのか?

1988年7月25日に園部地区の夏祭りでカレーを食べた67人が腹痛や吐き気で病院に運ばれ4人が亡くなった63人が急性ヒ素中毒となった和歌山毒入りカレー事件ですが、この事件の犯人として林真須美の名前があがります。

しかし実はこの事件は林真須美が本当にカレーにヒ素をいれたのか?という真相が不明です。

えっ?そうなの?と思うかもしれませんが、林真須美が犯人である確証がありません。

ここからはいったいなぜ林真須美が犯人として疑われるのか?また他に考えられる可能性はあるのか?といった気になる内容についてひとつずつ調べていきます。

林真須美がなぜカレーに毒物(ヒ素)をいれたのか?と疑われる理由について。

林真須美は結婚して旦那がいます。旦那は林健治といいます。

林健治はもともとは会社を経営していましたが、ギャンブル好きな性格もあってなのかどうかわかりませんが結婚後は仕事がなくなって、林真須美が養っていたつまりヒモ状態であったようです。

ここから林真須美と林健治は2人で様々な保険金詐欺を働きます。

この保険金詐欺の中にヒ素を使用した詐欺がいくつもあります。

★林真須美の母親亜ヒ酸を飲ませて保険金14000万円を獲得

★知人男性にヒ素入りの牛丼を食べさせ入院給付金539万円を獲得

★知人男性に亜ヒ酸入りうどんを食べさせるが保険金を獲得できず

というように林真須美の保険金詐欺にはヒ素が関係しています。

この他にも林真須美は保険金詐欺をしています。そして和歌山カレー事件にヒ素がはいっていたということから林真須美が疑わしいということになりました。

こう考えると林真須美が和歌山カレー事件の犯人の可能性が高いと思われます。

実はこの林真須美の保険金詐欺ですがすべてにおいてお金が絡んでいます。

ここがポイントというかひとつのカギになっています。

もう少しこのことについて触れていきます。

和歌山毒物カレー事件について旦那のkenjihayashi(林健治)の解釈について。

実は夫婦そろって保険金詐欺を働いていた旦那が和歌山毒物カレー事件について嫁である林真須美についてお金にならないことはしないといっています。

たしかに林真須美の今まで起こした保険金詐欺に関してはお金になるということでヒ素を使った犯行に及んでおりますが、和歌山毒物カレー事件については無差別●人であり、林真須美が犯行に及ぶ理由がみつからないという側面があります。

僕の憶測ですが、林真須美は金の亡者であることからヒ素といったものを使い、その後にお金を狙っていると解釈できます。

しかし和歌山毒物カレー事件には●した後にお金がはいってきません。

このようなことから解釈がこう繋がっていきます。

林真須美がなぜ和歌山カレー事件をおこしたのか?という動機が不明な件について。

実は和歌山カレー事件の最大の謎とされているのが犯行に及んだとされている林真須美の動機が分からないということです。

このことについてははっきりとわかっております。

林真須美は犯行動機不明ですが、他に犯人の可能性がいないことや状況証拠が揃っているということで逮捕されています。

そして逮捕後に死刑も確定しています。

スポンサーリンク

しかしここでも大きく疑問になることが犯行動機が分からないことや状況証拠しかそろっていないことから実はこのように展開されていきます。

林真須美は本当は無罪なのではないか?冤罪の可能性が浮上した理由を考察!

林真須美がなぜ和歌山カレー事件をおこしたのか?という明確な動機が分からないことそして実は目撃者の証言に食い違いがあることから林真須美は犯人ではないのではないか?という可能性が浮上しています。

つまり無罪あるいは免罪ということです。

いったいなぜこのように言われるのか?というとまずはこのような根拠があります。

事件当日林真須美がカレーにヒ素を入れたのではないか?ということに関する目撃情報ですが、林真須美がカレーの鍋の近くにいて白いTシャツの髪の毛の長い女性がカレー鍋の付近にいたといわれていますが、実は当日林真須美は黒いTシャツを着ていた。

しかも髪の毛が長くないということです。

この情報から考えても林真須美はカレーにヒ素をいれていないのではないか?ということが考えられます。

そして気になるこの白いTシャツの髪の毛の長い女が林真須美の次女だったということからもしかして林真須美の次女が犯人なのではないか説が浮上していますが、実はこのことについては情報があるのでここから書いていきます。

林真須美の子供が犯人という説もガセネタなのではないか?

実は林真須美の次女が犯人なのではないか?説ですが実はこれもちがうのではないか?と言われています。

林真須美が和歌山毒入り事件の犯人であるという情報ですが、事件に使われたヒ素と林真須美の家にあったヒ素が同じということが当時は言われていましたが実はその後にヒ素が違うということが分かっています。

このことから林真須美の次女はヒ素を入手したという可能性も考えられないということです。

またこの和歌山毒入り事件については林真須美以外の人間はヒ素をいれたのではないか?という可能性も否定できないという見方がでています。

そこからこのようなことも言われています。

和歌山カレー毒物混入事件の真犯人は近所の小学生なのではないか説について。

この段落で書くことも真相不明ですが、実は林真須美以外に和歌山カレー事件の前から近所住民同士でもめていたという情報があり、そのことからそのもめていた近所住民の小学生が犯人なのではないか?という噂がありますがあくまでも噂レベルで真相が分かりません。

しかしこの和歌山カレー事件の問題は林真須美が犯人と決めつけられて他の犯人の可能性に目が向いていないということです。

僕の憶測ですがもしも林真須美が犯人でないとすれば真犯人が林真須美に罪をかぶせてノーマークで社会生活を過ごしているという恐怖を感じます。

そして気になるのが林真須美の現在です。ということでここから調べていきます。

林真須美は現在死亡していない!刑務所で拘束されている!

林真須美は現在死刑が確定しており、刑務所で拘束されています。しかしまだ死刑が施行されていないので死亡していません。

ネット上では林真須美は死亡したのではないか?と思う人もいるようですが、死亡しておらず林真須美は自分は無罪なので生還したいと家族に手紙を出しているといわれています。

ここまでの流れでお分かりかと思いますが、和歌山カレー事件の犯人や真相についてはわからないことが多すぎるということです。

という和歌山カレー事件に関してはここまでですが実はこの事件であることが注目されて話題になりました。

最後に少しそのことについて触れていきます。

林真須美が着ているミキハウスの洋服のイメージが下がった件について。

林真須美が着ているTシャツがミキハウスということが当時大きな話題になり、ミキハウスからこの林真須美の着ている洋服のロゴ部分を消してくれという要請があったようです。

たしかにミキハウスからしたら林真須美が目立ってミキハウスのTシャツを多くの人が目にすると印象に残ってしまいブランドのイメージが下がるよなと僕も感じます。

結構多くの人が林真須美がミキハウスのTシャツを着ていたなと記憶している人が多いのではないでしょうか?僕もそう記憶しています。

もちろん林真須美とミキハウスは全く無関係です!

ということで今回の記事はここで終わりです。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク